一生自分の歯で食べましょう
  1. HOME
  2. 院長紹介

院長紹介

  かつて、むし歯の治療は【早期発見、早期治療】が重要といわれ、少しばかり黒くなっただけの歯でも無造作に削って詰めたり、被せたりした時代がありました。
今でも虫歯の治療というと『削って詰めてハイ終了!』と考えている人が少なくないように思います。
また、歯がぐらぐらになってきたり、歯茎から嫌な臭いがしてきたら、『歯槽膿漏だから歯を抜くしかない!』と思い込んでいる人も大勢いらっしゃることと思います。

 でも、ちょっと考えてみて下さい。
それだけで、本当に治ったのでしょうか?
その歯は本当に削らなければならなかったのでしょうか?
その歯は本当に抜かなければなかなかったのでしょうか?
そもそも、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまったのでしょうか?

 現在では、《歯のエナメル質の再石灰化》というシステムが理解され、むし歯でも初期の状態(CO:シーオー)であれば、歯を削ることなく治すことが可能になってきました。
また歯槽膿漏(歯周病)に関しても、かなり歯がぐらついている重度な場合でさえ、各々の患者さんの原因を把握して、かみ合わせの調整やクリーニングを施すことによって、歯を支える骨(歯槽骨)の再生を図り、歯を失わずにすむ治療法が確立されてきました。

 しかし最も大切なことは、自分の口の中の状態を把握し、むし歯や歯周病を引き起こした原因をはっきりさせて、
再びむし歯や歯周病にならないように、自分に適した方法で予防し、管理することではないでしょうか?

当歯科医院では、患者さんのお口の中を丁寧に診査し、生活習慣等を加味したうえで、患者さん、歯科衛生士、歯科医師が納得するまで話し合います。
そして、一人一人に適した予防プログラムを作成し、ご指導させていただきます。

 『なるべく削らず、できれば抜かない!』・・・・・それが五味歯科医院のモットーです。

一生ご自分の歯で食べることができるよう、お手伝いをさせていただきます。

 

五味 明良(ごみ あきら)
1955年4月6日生
経歴
1981年 愛知学院大学歯学部卒
1981年〜1999年 愛知学院大学歯学部勤務
1999年5月 五味歯科医院開設
愛知学院大学歯学部非常勤講師
愛知県立歯科衛生士学校非常勤講師
日本歯科保存学会保存治療専門医
歯学博士
五味歯科医院

名古屋市東区葵3丁目25-4  Tel. 052-937-6135

<休診日>木曜・土曜午後・日曜祝日